音楽いっぱいのアットホームパーティー♪

「自分たちらしさにこだわって実現したオリジナリティあふれるウエディング」
音楽一家に生まれた新郎新婦。そんな芸術を愛するおふたりのウエディングだけに、音楽にも衣装にもこだわりがありました。そんな個性的なお式を挙げるために選ばれたのが、ラ・ルーナピエーナでした。挙式や披露宴はもちろん、家族の食事会までおふたりのこだわりを生かした結婚式が実現しました。
  1. こだわりポイント

    「何度も衣装屋さんに足を運んで選んだ色打掛をまとい、最高の笑顔に」
    新婦が一番悩んだのが色打掛でした。数ある中から、一番自分らしいものを選ぶために何度も衣装屋さんに足を運び、決まったのは一点物の色打掛でした。黒が効いた色打掛は、明るい髪色の新婦の美しさが引き立ち、横に寄り添う新郎も自然と大きな笑顔になりました。豊かな木々が美しいラ・ルーナピエーナ
    は最高の撮影ポイントがいっぱい。素敵な写真がたくさん撮れました。

  2. こだわりポイント

    「前撮りだからできる、思いっきりはじけた楽しい写真」
    前撮りのテーマは「楽器と演奏」。新郎新婦が好きな楽器を使った前撮りは、とても楽しいものとなりました。新郎は羽織袴にあえてのドラム。新婦は個性的な和柄のドレスとベースを合わせました。弾いている姿が映えるよう、ネイルは深紅に。挙式当日にはできないメイクとドレスを思い切り楽しみました。前撮り当日はお天気も良く、おふたりの個性を存分に表現できた撮影となりました。

  3. こだわりポイント

    「音楽を愛する二人から家族とゲストに歌のプレゼントを!」
    音楽が溢れる披露宴にしたい、と希望されていたおふたり。余興では弟様の弾き語りや、叔母様によるジャズのご披露があり、まさに音楽を楽しみながらの宴になりました。クライマックスは、主役である新郎新婦おふたりがギター&カホンを使って「糸」を弾き語りされました。
    この日のために、いそがしいお式の準備の合間を縫って練習を重ねてきたおふたり。その音色にゲストもご家族も静かに聴き入られていました。

  4. こだわりポイント

    「白無垢×赤の番傘×羽織袴で純和風な挙式を満喫」
    和にこだわった挙式と披露宴。新郎は羽織袴、新婦は白無垢から色打掛と、おふたりともずっと和服で通されました。挙式は護国神社で厳かに執り行われ、花嫁行列の際は、新婦は白無垢に赤い番傘を差して、伝統的な和の結婚式を楽しまれました。新郎の羽織袴の黒、新婦の白無垢、深紅の番傘のコントラストが美しく、参列客からも「素敵!」と称賛の声が上がりました。

お客様の声

プランナーからのメッセージ

丈晴さん理絵さん

ご結婚おめでとうございます^^
前撮りではインパクトばっちりの和柄のドレスをばっちり着こなし、
当日は悩みに悩んで決めた、とっても華やかで豪華な色打掛、どちらも最高に似合ってました!

前撮りでもそれぞれ楽器を手に撮影をされたおふたり。
厳粛な神前式の後は、音楽一家のご家族ならでは、演奏や歌をたくさん取り入れたおふたりらしいお食事会でした^^
ラストの、ご家族のためにおふたりで練習されていた「糸」の弾き語りは本当に感動しました。

準備たいへんーー!と言いながらもいつも明るく楽しく、打ち合わせをしていただき、
本当にありがとうございました。
これからも変わらずおふたりらしい音楽の溢れる元気いっぱいな家庭を築いてくださいね^^


またお会いできるのを楽しみにしております。

プランナー:川地